【完全未経験から】月10万稼ぐWebライターになるには?

【完全未経験から】月10万稼ぐWebライターになるには?

こんにちは、うだたつやです。

icon

そのうち、パソコンを使った副業でWebライターをやってみたいけど、何から手をつけたらいいのかわからない。文章を書くのは好きだけど、自分の文章力で通用するかな…?ライターになって、在宅で10万円ぐらい稼ぎたい。

という方に向けて、完全未経験から月に10万円稼ぐWebライターになるには、どのようなステップを踏めば良いか解説します。

ライターになるのって、難しそうですよね。「文章を書いてお金をもらえる人なんて、ごく少数じゃないのかな…?」と、昔は僕もそう思っていました。

確かに、小説家になるには鬼のような努力と才能が必要です。一生をかけて取り組んだとしても、うまくいかない人がほとんどでしょう。

でも、Webライターになるには、実はそんなに努力や才能は必要ありません。最近は、ふつうの主婦や大学生でも家事や学校の合間に、Webライターとしてお小遣い稼ぎする方が増えています。

Webライターには、高い文章力や、特別な資格や経験が必要だと考える方もいるかもしれませんが、全くそんなことはないのです。

むしろ、大切なのは、正しいステップで仕事を始めることです。

今回は、誰でも月に10万円ほどWebライターとして稼げるようになるには何をすれば良いのか、具体的なステップを解説します。

icon

この記事では、いつでもどこでも働けるWebライターで、月に10万円ほど稼げる方法がわかりますよ。

Webライターとは?

Webライターの仕事は、Webの記事を書くことです。

何か調べ物をすると、いろんな記事がヒットしますよね。そのようなインターネットの記事を書くのがWebライターのお仕事です。

小説家は稼げなくて、Webライターが稼げる理由

Webライターの役目は、記事を通して読者の悩みを解決することです。

小説は、「面白さ」を売っているのに対して、Webの記事は「実益」を売っています。そのため、Webライターは小説家よりも安定して稼ぎやすいです。(もちろん、売れっ子の小説家はたくさん稼いでますが、ほんの一握りですよね。)

Webライターの需要は伸び続ける

また、Webライターはこれからも需要が伸び続けるので稼げます。

なぜ需要が伸び続けるかというと、新しい商品やサービスが生まれる度に、それらに関する情報が必要になるからです。

例えば、タピオカ屋さんが流行ったら、「タピオカとは何か?」「タピオカはどこで買えるのか?」のような疑問を持つ読者が増えますよね。そうすると、タピオカ関連の記事を書くライターの求人が出回るようになります。

今後は、さらに新聞や雑誌などの紙メディアが廃れて、ネットで完結するWebメディアの需要が増えていきます。紙の情報は検索できず、自分が読みたい情報を探すのが大変ですし、当然読まれなくなっていきますよね。

今後も、Webライターの需要は伸び続けます。

月に10万稼ぐには、Webライターがおすすめな理由

未経験者にWebライターがおすすめな理由は以下の通り。

  • 誰でも始められる
  • どこでも働ける
  • いつでも働ける
  • 楽しく働ける

誰でも始められる

Webライターは誰でも始められます。特別なスキルがなくても、パソコン1台あればOK。誰でも、自分の好きなジャンルについてなら文章を書けますよね?

もしパソコンを持っていないなら、スマホ使って記事を書くことも可能です。僕も時々、スマホでこのブログを書くことがあります。

特別なスキルは必要ないので、誰でも始められます。

どこでも働ける

Webライターの仕事は、場所が関係ありません。

どこにいても、パソコンかスマホさえあれば記事をかけます。 家でも、カフェでも、電車の中でも、どこでもOK。会社に行く必要がないので、ストレスがありません。

生活費の安い海外に移住して、週に2,3日だけライターの仕事をこなして、のんびり生活している方もいます。

いわゆるノマド的な働き方ができるのも、Webライターの特徴です。

いつでも働ける

Webライターは、時間に関係なく働けます。

ライターには、決まったシフトがあるわけではなく、決められた期日までに記事を納品する働き方が一般的です。

なので、昼間は学校に行っている学生や、子供の面倒を見ていて時間が取れない主婦の方にもオススメの仕事です。

午前中に集中して仕事を終わらせて、午後はゆっくりと趣味の時間に使ったり。反対に、朝から夜まで自分を追い詰めて働くこともでき、とにかくWebライターは自由です。

楽しく働ける

Webライターの仕事は楽しいです。(もちろん、人にもよりますが)

なぜなら、自分の好きなことや趣味を仕事にできるからです。

例えば、 タピオカが好きな方は、おいしいタピオカ屋さんについての記事を書いたり、タピオカを家で作る方法を書いたりなど。

自分の好きなことを書いてお金を貰えるので、働いている感覚が薄いです。

以上の通りで、Webライターはかなりおすすめの仕事です。以下では、未経験から、Webライターで月10万円稼げるようになる具体的なステップを紹介します。

月10万稼ぐWebライターになるには、この3ステップを実践しよう

以下の3つのステップを実践すれば、いつでもどこでも月に10万円稼げるWebライターになれますよ。

  1. Webライティングの最低限の知識を学ぶ
  2. ブログを作り、練習で記事を書いてみる
  3. クラウドワークスで仕事を受注する

1.Webライティングの最低限の知識を学ぶ

まずは、Webライティングの基礎知識を身に付けましょう。

最低限の知識がないと、仕事が受注できなかったり、クライアントに迷惑をかけてしまうこともあります。

ですので、以下の本を読んで、Webライティングの最低限の知識は学んでおくと良いですよ。

2.ブログを作り、練習で記事を書いてみる

Webライティングの基礎を理解できたら、あなたの個人ブログを作って、練習で2,3本記事を書いてみてください。

▼未経験のWebライターブログを作るメリットは以下の通り

  • 学んだ知識を実践で使って定着させられる
  • 記事を書くことに自信がつく
  • 実績として紹介できる

ブログで記事を書く練習すれば、 学んだ知識を実践できますし、自分に自信がつきます。

未経験で実績が無いうちは、なかなか仕事を受注できません。実績がない=能力が低いと思われがちだからです。

ですが、ブログを作って数本記事を更新していれば、そのブログ記事を自分の実績として紹介でき、仕事をもらいやすくなります。

noteやアメブロなどでも良いですが、可能であればドメインを取得してWordPressでブログを作ると良いでしょう。詳しくは、『初心者Webライターがブログを書くべき理由』をご覧ください。

3.クラウドワークスで仕事を受注する

image

ブログを書いて、記事を書ける自信がついたら、クラウドソーシングサービスで仕事を探しましょう。

クラウドワークスには、Webライティングの仕事がたくさん掲載されています。

応募は無料で、アカウントを登録すれば誰でも応募できるので、片っ端から応募してみましょう。

ライティング案件に応募して合格すれば、Webライターとして稼ぎ始められます!

icon

毎日、新着案件すべてに応募して、コツコツ執筆を続けるだけで、月に10万円は達成できますよ。

月に10万円稼ぐのに必要な文字数

初心者ライターの文字単価は、0.5〜1円ほどが一般的です。

スキルが身に付いてくれば、文字単価が1〜1.5円の案件も受けられるようになります。

月に10万円稼ぐには、文字単価1円で、10万文字書かけばOKです。

もしかしたら、「えっ、10万文字も書けるかな…?」と思うかもしれません。でも、毎日3000文字ちょっと書けば30日でおよそ10万文字です。

慣れれば、3000文字はすぐに書けますよ。

icon

ちなみに、3,000文字をツイートに換算すれば、20ツイートぐらいです。毎日20ツイートするだけで、月に10万円稼げると考えれば、気持ちが楽になりませんか?

専業になれば、Webライターで月10万〜30万円は稼げる

専業のWebライターになれば、実力次第で文字単価を1.5〜2.5円ほどまで上げられます。

自分の経験上、一日8時間の作業をすれば、8000文字程度は最低でも書けます。週休2日で、月に20日働くとして、16万文字ほど書けますよね。

文字単価2円で計算すれば、月に32万円はWebライターの仕事だけで稼げます。

基礎スキルを身につければ、月に10万〜30万円は稼げる

文字を書く他にも、クライアントのやりとりや、修正などもありますので、もう少し金額は減りますが、専業でWebライターになれば月に10万〜30万円を稼ぐのに、特別な才能は必要ありません。

基本的にWebライティングのスキルをマスターすれば、誰でも到達できます。

月に50万以上稼ぐWebライターになるには、努力が必要です

Webライターで月に50万円以上稼ぐには、並外れた努力や才能が必要になります。月に50万以上稼ぐライターはそんなに多くありません。とはいえ、不可能ではありません。

文字量と作業時間を増やして月に50万稼ぐ

例えば、先ほどと同じ計算で月に30日、毎日働くとすれば24万文字執筆できますよね。

文字単価2.5円で計算すると、単純計算で60万円は稼げます。

慣れてくれば1日に10,000文字ぐらいは書けますので、努力次第で月50万以上は十分可能なラインです。

文字単価を伸ばして、月に100万稼ぐ

さらに、専門的な知識や実績を獲得して、稼げるジャンルを狙えば、文字単価を5から10円に伸ばすことも不可能ではありません。

例えば、投資系や太陽光発電などの専門的で、ライターが少なく、儲かりやすいジャンルは、文字単価が10円を超えるもあります。

日頃から自分の興味のあるジャンルの本を読んで勉強をしましょう。

文字単価10円なら、Webライターだけで月に100万稼ぐことも夢ではありません。

Webライターになりたい方からのよくある質問

Webライターになりたい方から届く、よくある質問に答えます。

主婦でもできますか?

Webライターは主婦でもなれます。

Webライターに、場所や時間はほぼ関係ありません。子供の世話で忙しい主婦でも、すきま時間に働ける柔軟な仕事です。

最低限のパソコンの使い方さえ学べば、主婦でも問題なくWebライターを始められます。

icon

実際、僕が運営するWebメディアでも、主婦の方にWebライターとして記事を書いてもらっていました。

学生でもできますか?

Webライターは学生でもできます。

実は、僕も大学1年生の頃に、Webライターとして記事を書いていました。授業の合間や、学校終わりの隙間時間を使って、週に2本ほどの記事を書き、月に7万円ほど。

コンビニなどのアルバイトと違い、肉体労働ではないので、夜中まで働いていもほとんど苦になりませんでした。

ライティング以外のITスキルもこの時に身についたので、学生のうちにWebライターを経験しておいてよかったです。

高校生でもできますか?

Webライターは高校生でも始められます。

実際に、高校生でもWebライターとして活躍している方もいますよ。

Webライターに、年齢は関係ありません。実力勝負です。能力次第で、高校生なのに大人以上に稼ぐライターになる子も。

高校生からライターを経験しておけば、かなりの文章力が身につきます。大学受験の小論文のテストでも有利ですし、文章を書く能力は将来にわたって使えます。

高校生からWebライター始めるのはおすすめです。

副業でも始められますか?

本業のあるサラリーマンでも、Webライターは副業で始められます。

本業の知識をWebライターとして生かせば、本業よりもWebライターの方が稼げることも。

普段は化粧品の販売員をしている女性が副業でWebライターを始めたところ、化粧品の紹介記事が人気になり、執筆依頼が殺到した方も。お客さんと一番長く接する販売員だからこそ、商品には誰よりも詳しいですし、お客さんがどんな悩みを抱えているのかも分かるので、他のライターには書けないリアルな文章が書けます。

本業で培った知識をメディアに上手くアピールできれば、本業以上の報酬を稼ぐことも夢ではありません。

フリーランスとして独立もできますか?

Webライターの中には、フリーランスとして独立する方も多いですよ。

「会社に勤めながらWebライターの副業を始めたところ、Webライターの収入の方が上回ってしまった。なので、フリーランスWebライターとして独立します」という方は少なくありません。

月に数万円しか稼げない状態で独立するのは、少し心配ですが、月に10万円以上稼げるのであれば、フリーランスとして独立しても十分やっていけるでしょう。

中には、フリーランスWebライターとして独立し、スキルを高めてから、さらに年収の高い仕事にキャリアチェンジする方もいますよ。

講座や学校でしっかり勉強したいです

今後、Webライターとして本格的に活躍したい方は講座やスクールで学ぶのもオススメです。

もちろん、Webライティングは独学で学べますが、自分が書いた記事をプロのライターに添削してくれるのは、スクールや講座のメリットです。

Webライター講座で基礎からしっかり学びたい方は、『 Webライターにオススメの講座紹介します』の記事もご覧ください。

まずは、無料で受けられるクラウドワークスのWebライター検定の講座がおすすめです。

クラウドソーシング以外で求人を探せますか?

クラウドソーシング以外でも、Webライターの求人は探せます。

例えば、「indeed」や「求人ボックス」などの一般的な求人サイトには、Webライターの案件がたくさん掲載されています。

これらの求人サイトで探せるのは、会社に出勤して働く仕事がメインです。しかし、検索条件の中にリモートOKや在宅OKなどの項目にチェックを入れると、会社に出社しなくても働ける仕事が探せますよ。

Webライターの仕事は辛いですか?

Webライターの仕事は人によっては辛いこともあります。

人としゃべらずに淡々とパソコンに向かって行う仕事のため、お客さんの顔は見えません。人ととのつながりを感じながら仕事をしたい方には、向いていないかもしれません。

ですが、人と喋るのが苦手な方や、立ちっぱなしの体力の使う仕事が苦手な方にとっては、Webライターの仕事はすごく楽です。

仕事なので当然辛いこともありますが、総合的なメリットを考えれば、Webライターの仕事はとてもおすすめです。

まとめ:未経験から、最速でWebライターになるには?

今回は、経験の0の初心者からWebライターになる具体的なステップを解説しました。

月に10万稼ぐには、以下のステップをこなしましょう。

  1. Webライティングの基礎を学ぶ
  2. ブログで実績を作る
  3. クラウドソーシング系のサイトに登録して、ライティングの案件を受ける

あとは、毎日、文章を書き続けるのみです。書けば書くほど、実績とスキルがたまり、さらに良い条件で記事が書けるようになります。

Webライターはいつでもどこでも働けて、ストレスの少ない仕事です。ぜひ、Webライティングのスキルを身につけて、自由な生活を手に入れてください!

icon

うだたつや著者】ぐっすり眠れる睡眠アプリのSheepの開発者。月間100万PVを超えるWebメディアでPM。ユーザーに愛されるサービスが好きです。Twitter / note

Webライターにおすすめの関連記事

✍️
Webライター