【保存版】高校生がWebライターで月5万円稼ぐ方法を超分かりやすく解説

【保存版】高校生がWebライターで月5万円稼ぐ方法を超分かりやすく解説

こんにちは、うだたつやです。

icon

「バイトしたいけど、飲食店や接客は嫌だ。」「Webライターの仕事なら家でもできるって聞いたけど、高校生でもできるのかな…?

という方に向けて、高校生がWebライターで月に数万円稼ぐ方法を解説します。

結論から言うと、高校生でもWebライターは始められますし、やり方を間違えなければ、普通のバイト以上に稼げます。

この記事を読んでいるあなたは、「高校生だけどWebライターをやってみたい」と思っているはず。

でも、「Webライターの仕事を探す方法がわからない。」「周りにライターをやっている友人もいない」という場合がほとんどでしょう。

そこで今回は、大学1年生からWebライターを始めた筆者が、高校生向けにWebライターとして働くための方法を解説します。

icon

この記事の内容を1ステップずつ実行すれば、高校生でもWebライターを始められます。

高校生は「普通のバイト」より「Webライター」をやるべき

高校生であるあなたは、コンビニやマックのバイトやるか、Webライターをやるかで迷っているかもしれません。

僕は、高校生は普通のバイトより、Webライターをやった方が良いと思っています。 飲食店やコンビニのアルバイトでも稼げますが、その後の人生を考えると、Webライターの方が圧倒的におすすめです。

Webライターをおすすめする理由

高校生がWebライターをやるべき理由は以下の通り

  • 大学受験で有利な国語力が身に付く
  • ずっと役に立つ、パソコンスキルが身に付く
  • コンビニバイトより楽だし、稼げる

受験で有利な国語力が身に付く

Webライターは、パソコンを使って記事を書く仕事です。

あるテーマについて調べてまとめ、読者のニーズを考えながら、大量に文章を書く仕事です

文章が上手くならないはずがありません。

受験で小論文のテストが出題される大学も多いですが、1,2年生の頃からWebライターをやってれば小論文が得点源になります。

icon

飲食店のバイトをやっても、受験で有利にはなりません。Webライターなら、稼ぎながら受験勉強にもなります。

情報社会で役に立つパソコンのスキルが身に付く

Webライターをやってると、自然とパソコンのスキルが身につきます。Webライターはパソコンが仕事道具になるからです。

キーボードを見ずに(ブラインドタッチで)文字を打てるようになってタイピング速度が早くなったりワードやエクセルの使い方がわかるようになったり。

こういったスキルは、大人になってもずっと使えます。高校生からWebライターをやっておけば、早いうちから大切なITスキルが身につきます。

一方で、コンビニでバイトをしても、あなたが将来的に必要になるスキルは、ほとんど身に付きません。

コンビニのバイトで得たスキルは、その場でしか活かせないことがほとんどなのです。

高校生が普通のアルバイトしても稼げない

高校生は、基本的に時給が安いです。不思議ですが、「僕は高校生です」と言うだけで時給が安くなります。高校生の方がよく働いてることもあるのに、変ですよね。

icon

僕は、高校生の頃に時給900円で飲食店のバイトをしていましたが、2歳年上の大学生は時給1,000円もらってました。今考えると、2歳年齢が違うだけで、時給が100円も違うっておかしいです。仕事内容は同じなのに。

でも、Webライターなら、年齢は関係ありません。年齢よりも、能力で評価されます。

高校生でもWebライターなら努力次第で月20万円稼げる

コンビニや飲食店のバイトだと、高校生が月に10万以上稼ぐのは結構きついです。週6日で3時間働いても、6,7万円が精一杯です。

それに、体力仕事なのでそんなに長く働けないですよね。僕は貧弱だったので、レストランのバイト終わりはぐったりして、宿題をサボったり、翌日の授業で居眠りばっかりしてました。

でも、Webライターなら、パソコンでカタカタ作業するだけで稼げます。

もちろん、ライターにもストレスはあります。ずっとパソコンに向かっていると、肩こりや目の疲れが気になることもあります。

でも、立ちっぱなしの飲食系のアルバイトに比べると、肉体はあまり疲れません。

時間の制限もなく、家でも学校でもできるため、心理的なストレスも少ないです。高校生でもWebライターなら努力次第で月20万円稼げます。

icon

Webライターなら、家帰ってご飯食べてからも働けます。シフト制の仕事ではないので、自由な時間に好きな場所で働けます。高校生にはありがたい。

高校生がWebライターのバイトを始める具体的な方法

icon

Webライターやってみたい!でも、何から始めたら良いんだろう・・・。

という方に向けて、高校生がWebライターを始めるための具体的な方法を解説します。この通りにやればOKです。

パソコンを用意する。なければとりあえずスマホでもOK

Webライターの仕事は、基本パソコンで行います。

もし、パソコンがなければ、とりあえずスマホでも大丈夫です。スマホだと、文字を書くのに時間がかかってしまいますが、やれないことは無いです。

スマホで仕事を受けて、ある程度稼いだらMacBook Airを買いましょう。

詳しくは、『Webライターにおすすめのパソコンを解説』を読んでください。

最低限のWebライターの知識を学ぶ

まずは、Webライティングについて少し学びましょう。できれば本を買ったりして勉強した方が良いのですが、まずはネットの記事を読むだけでも構いません。

とりあえず、この辺りの記事を読んでください。

なんとなく、Webライターの仕事がどういうものかわかったら、次にクラウドワークスを使ってWebライターの仕事を探しましょう。

クラウドワークスに登録する

Webライターの仕事がたくさん掲載されているのが、クラウドワークスです。まずは、クラウドワークスのアカウントを作りましょう。

プロフィールを作成する

image

まずは、プロフィールを埋めていきましょう。とりあえず、基本情報編集と、ワーカー情報編集だけは埋めておきましょう。

プロフィール画像は、キャラクターのアイコンとかではなく、自分で撮影した風景やカフェの画像、パソコンの画像などのほうが良いです。

名前は、本名を出してしまっても良いです。もしくは、本名っぽい名前をつけてください。ニックネームはやめたほうが良いです。(「山崎 太郎」みたいな、感じです。「山P」みたいなニックネームは、怪しく感じるので避けた方が良いです。)

icon

ちなみに、高校生であることや、年齢は無理に書く必要はないです。

高校生であることは言わなくていい

残念ながら、高校生のWebライターを採用したい会社はほとんどありません。高校生は一般的には大人より、文章力が低いですし、知識も浅いことが多いので仕方ありません。

なので、自分が高校生であることは、聞かれない限りわざわざ公開しないでおきましょう。

おすすめのプロフィールの書き方はこんな感じ。得意なジャンルや趣味をいくつか書いておきましょう。

こんにちは。〇〇県在住のWebライターです。
〇〇、〇〇、〇〇等のジャンルが得意です。
趣味は、〇〇ですので、〇〇についても執筆可能です。
毎週2,3本以上の執筆が可能です。
読者に満足してもらえるよう、高品質な記事を執筆しますので、お気軽にご相談ください。

嘘をつくのはNGですが、なるべく自分の経験不足な点を出さないように、経験あるライターかのようにプロフィールを書きことがコツです。

早速、Webライターの案件に応募してみよう

image

ライティング・記事作成」カテゴリの「記事・Webコンテンツ作成」の求人を見ると、いろいろ掲載されています。

早速、いくつかの案件に応募してみましょう。最初は、文字単価0.5円〜1円程度の案件の応募が通りやすいです。0.3円以下の案件はブラックなので避けましょう。

icon

クラウドワークスで仕事を受けるためには、それぞれの案件に対して応募文を書く必要があります。高校生が0から応募文を書くのは大変なので、テンプレを用意しました。

応募文のテンプレはこんな感じです

初めまして、ライターの〇〇と申します。
〇〇県在住のWebライターです。

募集文を拝見してお力になれると思いご連絡いたしました。
〇〇のテーマについては、日頃から情報収集をしており得意です。


募集要項に記載されている、そのほかの条件についても把握いたしました。
継続的な記事作成が可能で、最大で月○本ほど対応できるかと思います。

その他、何かご質問やご要望などありましたら、お気兼ねなくお申し付けください。
お忙しいところ恐縮ですが、ご検討のほどよろしくお願いいたします。

以上のテンプレを使いつつ、応募文を完成させましょう。募集文で質問が書かれてたりするので、応募文の中で必ず質問に回答したほうが良いです。

icon

実績がついてきたら、このテンプレに実績を紹介する項目を追加すると、さらに応募が通りやすくなります!

とにかくたくさん応募する

実績が無いうちは、ほとんど採用されません。なので、とにかくたくさんの案件に応募することが大事です。定期的にクラウドワークスを眺めてて、新しい案件が公開されていたらすぐに応募してみましょう。

実績がないうちはブログを書くのもあり

企業は、全くの未経験ライターを採用したくありません。なので、実績を作るためにブログを書くのもありです。ブログを書くことで、文章力が伸びますし、実績として提案文に加えることができます。

全く実績がないよりも、ブログを書いている人の方が採用されやすいです。

icon

以上が、高校生がWebライターを始めるまでの手順です。ぜひ、Webライターに挑戦してみてください。

高校生の頃の自分に「Webライターをやれ」と伝えたい

上記でも少し書いた通り、僕が高校生の頃は、学生がWebライターをやれるなんて知りませんでした。

もし、高校生の自分にアドバイスできるなら、Webライターをやれ」と言いたいです。飲食店のバイトで退屈な時間を過ごすくらいなら、Webライターになって自分の力で稼ぐ体験をした方がはるかに良かったなと、今になって思います。

icon

でも、この記事を読んでいるあなたは超ラッキーです。Webライターの始め方は、全部この記事で書きました。このチャンスを無駄にしないでください。

icon

うだたつや著者】ぐっすり眠れる睡眠アプリのSheepの開発者。月間100万PVを超えるWebメディアでPM。ユーザーに愛されるサービスが好きです。Twitter / note

Webライターにおすすめの関連記事

✍️
Webライター