【収入】Webライターの平均年収を調査!年収を上げる方法も解説します。

【収入】Webライターの平均年収を調査!年収を上げる方法も解説します。

こんにちは、うだたつやです。

icon

「Webライターになりたいけど、収入面が不安Webライターってちゃんと稼げるのかな?」

という方のために、Webライターの収入を調査してみました。

結論から言うと、Webライターの平均年収は約450万円*です。月収に換算すると、約38万円です。日本人の平均年収が440万円と言われていますので、Webライターの年収は平均並です。

ネットでは「Webライターは稼げない」という噂も聞きますが、このデータによるとWebライターは普通に稼げます。

ただし、Webライターは正社員の他に、アルバイトフリーランス(個人事業主)としての雇用形態も一般的で、働き方によって年収は大きく変わります。

今回は、雇用形態ごとの収入の目安と、Webライターの収入を上げる方法を解説します。Webライターになりたい方はぜひ参考にしてください。

icon

この記事を読めば、Webライターの収入面での心配が減りますよ🙆‍♂️

💡

*調査対象 ライターの平均年収 ・445万円(出典:マイナビ転職求人) ・447万円(出典:求人ボックス) ・421万円(出典:indeed)

Webライターの収入をタイプ別に比較

Webライターの収入を働き方別に比較してみました。 比較した表は以下の通り。

Webライターの収入比較

タイプ年収月収時給文字単価
正社員
450万円
38万円
-
-
フリーランス
475万円〜634万円
39.6万円〜52.8万円
2,250円〜3,000円
1.5円~2.0円
初心者・未経験(1年目)
158万円〜475万円
13.2万円〜39.6万円
750円〜2,250円
0.5円〜1.5円
主婦・学生(副業)
50万円〜149万円
4.2万円〜12.4万円
750円〜2,250円
0.5円〜1.5円
💡

■調査方法 残念ながら、正社員以外は適切な収入のデータがなかったため、理論値を計算しました。 ▼フリーランス(専業)の場合 1日の執筆時間:8時間 1時間あたりの執筆文字数:1,500文字 毎月の作業日数:22日 ▼初心者・未経験者の場合 1日の執筆時間:8時間 1時間あたりの執筆文字数:1,500文字 毎月の作業日数:22日 ▼主婦・学生(副業)の場合 1日の執筆時間:2.5時間 1時間あたりの執筆文字数:1,500文字 毎月の作業日数:22日 上記は、ざっくりとした計算になりますので、詳細な金額は、自分の能力と照らし合わせて計算してください。

「正社員」Webライターの収入

冒頭でもお伝えした通り、正社員のWebライターの平均年収は、約450万円です。月収に換算すると、約38万円です。

  • 種類:正社員
  • 年収:450万円
  • 月収:38万円

日本の法律上、正社員は基本的に解雇できません。そのため、正社員のWebライターは、他の働き方と比べても安定していて、毎年同じ金額をもらいやすいです。

長期的に働くことが前提になっているので、会社負担でWebライティングの研修を受けられたり、スキルアップの支援も受けられやすいです。

「フリーランス」Webライターの収入

フリーランスWebライターの年収は、480万円から630万円程度です。月収に換算すると、40万円〜53万円ほどで、時給に換算すると2,300円〜3,000円です。

  • 種類:フリーランス(フルタイム)
  • 年収:480万円〜630万円
  • 月収:40万円〜53万円
  • 時給:2,300円〜3,000円

正社員よりも収入は増えますが、スキル不足の場合に打ち切りになってしまったり、クライアント都合で執筆の依頼本数が上下するなど、不安定な働き方です

また、正社員とは違い、基本的に研修やスキルアップの支援は受けられないので、作業時間外にライティングスキルを高める必要があります。

💡

※フリーランスの場合は、働き方が自由なため、人によって収入が大きく違います。 上記の数値は、フルタイムで(週休2日、1日8時間)執筆作業を行うフリーライターの年収です。

「初心者・未経験」Webライター1年目の収入

初心者・未経験Webライター(フリーランス)の1年目の年収は、160万円〜480万円程度です。月収に換算すると、13万〜40万円ほどで、時給に換算すると750円〜2,300円ほどになります。

  • 種類:未経験Webライター(フリーランス1年目)
  • 年収:160万円〜480万円
  • 月収:13万〜40万円
  • 時給:750円〜2,300円

未経験Webライターの1年目の年収はもともとの文章力やスキルの習熟度によって大きくが変わります。最初の1年目は、文章の書き方やWordPressの使い方、SEOなどを勉強していく必要があります。

💡

*副業で、あまり作業時間が取れないWebライターの収入はさらに下がります。 上記の数値は、フルタイムで(週休2日、1日8時間)執筆作業を行う初心者ライターの収入です。

「主婦・学生」Webライターの収入

主婦や学生のWebライターの年収は、120万円〜180万円です。月収に換算すると、4万〜12万円ほどで、時給に換算すると750円〜2,300円ほどになります。

  • 種類:主婦や学生のWebライター(副業)
  • 年収:120万円〜180万円
  • 月収:4万〜12万円
  • 時給:750円〜2,300円

Webライターは在宅でもできるため、他のアルバイトやパートの仕事と比べて、作業時間を増やしやすいです。

初心者のうちは覚えることが多く大変ですが、体力を使わず、時間や場所を問わず働けるので、主婦や学生でも長く続けやすい仕事です。

💡

上記の数値は、週に5日、1日2.5時間の執筆作業を行う場合の収入です。 作業時間を増やしてスキルを磨くことで、さらに収入アップも可能です。

以上が、ざっくりとしたWebライターの収入の目安です。 以降では、さらにWebライターの収入をUPさせる方法を解説します。

Webライターの収入をUPさせる方法

icon

Webライターがある程度稼げることはわかったけど、もっと収入を上げる方法はないのかな?

という方のために、Webメディアを運営していた経験のある僕が、ライターの収入を上げる方法を解説します。

icon

収入を上げるのは楽ではありませんが、どの方法も不可能ではありません。ぜひ挑戦してください。

初心者はWebライティングのスキルを磨く

初心者は、まずはWebライディングのスキルを磨きましょう。具体的には以下のようなスキルを身につけましょう。

これらのスキルを身につけると、文字単価1.5円〜2.0円ほどの高単価な案件を担当できるようになります。

  1. 文章力
  2. コミュニケーション能力
  3. リサーチ
  4. SEO
  5. 企画力
  6. セールスライティング
  7. 担当ジャンルの専門的知識

以上は、Webライターの基礎的なスキルです。スキルアップしたい初心者は、まずこれらを学んでください。

自分だけの付加価値を持つ

文字単価2.0円以上を目指すには、上記の基礎的スキルに加えて、あなただけの付加価値が必要になります。

▼付加価値がある例

  • 専門的な知識がある(最新のマーケティングや、法律に詳しいなど)
  • 文章以外のコンテンツを持っている(カメラマンやイラストレーターなど)
  • 特別な経験がある(宝くじに当たったり、ホームレスの経験があるなど)
  • 有名人、権威がある(SNSのフォロワーや、YouTubeの登録者が多いなど)

また、企業から依頼された仕事をこなすだけではなく、企業のニーズを汲み取り、こちらから提案できるようになることも大切です。

編集者にキャリアアップする

Webライターから編集者になれば、収入が少しアップします。

具体的には、以下の通りです。平均年収は15%ほどUPします。

  • Webライターの年収(正社員):約440万円
  • 編集者の年収(正社員):約500万円

Webライターとして収入を伸ばしていくには、上記のような特別なスキルや経験が必要になります。しかし、編集者にキャリアアップするのは難しくありません。

編集者になると、ビジネスの視点でメディア全体を捉えれるようになるため、メディアの編集長やSEOコンサルタント、Webディレクターなど、さらに収入の高い仕事に転職しやすくなります。

独立して、Webメディアを立ち上げる

Webライターから独立して、新しく自分でWebメディアを立ち上げることで、収入をアップできるかもしれません。

自らがWebメディアの編集長としてメディア事業を経営することで、正社員やフリーランスでは稼げないほどの収入を得られる可能性があります。もちろんリスクもあり、赤字になる可能性もありますが、最初は自分で記事を書くことで、初期投資0で始められます。

まずは、小さなブログから始めてみるのもありです。

詳しくは、初心者Webライターがブログを書くべき理由で紹介していますので、参考にしてください。

収入面以外のWebライターの良いところ

仕事を選ぶときは、収入面以外もよく考えたいですよね。Webライターは、他の仕事とは少し違った特性があります。それは、仕事をする時間と場所が自由な点です。

Webライターのメリットは以下の通り。

  • 副業として始めやすい
  • 在宅で働けてストレスがない
  • 海外で旅をしながらでも働ける

人によっては、収入以上に嬉しいかもしれません。

副業として始めやすい

本業を持つ方でも、Webライターの副業を始めるのは簡単です。他にも色々な副業はありますが、Webライターは仕事内容が単純なため、始めやすいです。

PCさえあれば、主婦や学生でも手軽に始められます。

報酬は1記事ごとに支払われることが多く、1記事は5〜10時間程度で完成します。そのため、本業が急に忙しくなったとしても、スケジュールを変更しやすく、編集部に迷惑をかけにくいです。

在宅で働けて、ストレスがない

Webライターは在宅で自分の好きな時間帯に仕事ができるので、ストレスが少ないです。

  • 出勤する必要がない(満員電車に乗らなくていい)
  • 嫌な上司と顔合わせする必要がない
  • 家でゆったり自由に働ける

通勤や職場の人間関係にストレスを感じやすい人にとって、Webライターは最高の仕事です。

海外で旅をしながら働ける

Webライターは、PCが一台あればどこでも働けます。家やカフェはもちろん。生活費の安い海外で旅をするように働くこともできます。

旅をするような働き方に憧れる方にも、Webライターはおすすめです。

Q&A:Webライターの収入に関わる「源泉徴収」とは?

icon

クライアントからもらった支払い調書に、「源泉徴収」という欄があったんだけど、これって何?

Webライターの業務は「源泉徴収」の対象です。

源泉徴収とは、ライターが払う必要のある税金を企業が代わりに納税をする仕組みです。

およそ、ライティング報酬の1割が源泉徴収として、企業に差し引かれます。(1万円で記事を書いたら、約1,000円を税金として差し引かれます。)

ライターの報酬は必ず源泉徴収が差し引かれるので、報酬が額面通りそのまま振り込まれないことに注意しましょう!

まとめ:Webライターはおすすめの仕事

以上、今回はWebライターの収入をテーマに解説しました。

上記の通り、Webライターはおすすめですよ。この記事を読んで、やってみたいと思った方は、ぜひ挑戦してみてください。

icon

うだたつや著者】ぐっすり眠れる睡眠アプリのSheepの開発者。月間100万PVを超えるWebメディアでPM。ユーザーに愛されるサービスが好きです。Twitter / note

Webライターにおすすめの関連記事

✍️
Webライター