【SEO】Webライターが知っておくべきSEO対策の基礎知識

【SEO】Webライターが知っておくべきSEO対策の基礎知識

こんにちは、うだたつやです。

この記事はWebライターの初心者から中級者の方に向けて書いています。

SEOが大事なのは分かったけど、具体的に何をやればいいんだろう…?」「ライターなのにSEOを学ぶ必要はあるのかな?」「難しいことはわからないから、とにかく私がやるべきSEO対策を教えて欲しい!

という方に向けて、Webライターが知っておくべきSEO対策の基本を解説します。

icon

この記事の内容を実践すれば、Google検索で上位を取れる記事を書くことができ、編集部からの評価も上がりますよ!

WebライティングにおけるSEOとは?

SEOとは、検索エンジンで記事を上位に表示させるための技術です。

SEOは、Search Engine Optimizationの略で、日本語では「検索エンジン最適化」と訳されます。

SEOを学ぶと、記事を検索の上位に表示させるさせられるようになります。

WebライターはSEOを学ぶべきか?

「WebライターはSEOを学ぶべきでしょうか?」と聞かれたら、僕は「絶対に学ぶべきです。」と答えます。

以下で理由を解説します。

Webライターは絶対にSEOを学ぶべき

Webライターは必ずSEOを学びましょう。SEOは初心者を抜け出すための必須科目です。

▼SEOを学ぶメリット

  • Webメディアの流入の9割は検索から
  • たくさんの読者に読んでもらえる
  • ライティング報酬増える
  • ライター以外の仕事もできるようになる

一つずつ解説します。

Webメディアの流入の9割はSEO

なぜSEOが大事なのか?それは、Webメディアの流入経路の9割がSEO(Google検索)だからです。

つまり、SEO対策ができていない記事は、読者に読んでもらえません。すると、広告費を稼げませんし、せっかく費用をかけて記事を作っても赤字になってしまいます。

たくさんの読者に読んでもらえる

反対に、SEOを理解していれば、Google検索で上位に表示されるようになります。SEO対策をしっかり行うことで、たくさんの読者に読んでもらえるのです。

せっかく時間をかけて記事を書くなら、たくさんの読者に読んでもらいたいですよね。

たくさんの方に読んでもらえると、記事を書くのが楽しくなります。

icon

ちなみに、僕の実体験を話すと、SEOを勉強したおかげで、自分の書いた記事のアクセス数が毎月合計5万PVを超えるようになりました。5万人に記事を読んでもらえるってすごいですよね。

ライティング報酬が増える

WebライターがSEOを学べば、より多くのライティング報酬がもらえるようになります。

なぜならSEOを理解して、大勢の人読まれる記事を書くことができれば、記事に貼った広告がたくさんクリックされ、企業が儲かるからです。

企業が儲かれば、発注先のあなたの報酬も増えます。

ライター以外の仕事もできるようになる

SEOが分かると、ライター以外の仕事もできるようになります。

▼SEOが理解できるとやれる仕事

  • Webメディアの編集者
  • Web系マーケティング担当者
  • SEOのコンサルタント

上記の仕事はWebライターより給与が高い場合がほとんどです。Webライター以外の選択肢を増やすためにも、SEOを学んでおくと良いですよ。

Webライターが知っておくべきSEO対策4項目

「SEOを理解しておくべきなのはわかったけど、実際に何やればいいの?」って感じですよね。ネットで「SEO対策」と調べると「インデックス」とか「被リンク」とか訳のわからない単語が多く、混乱してしまう人も多いんじゃないでしょうか。

結論から言うと、これらの専門用語は、Webライターの皆さんは知らなくても、とりあえず大丈夫です。(余裕が出てきたら勉強してください)

これから、Webライターの皆さんが明日からできる「SEO対策」のやり方を簡潔に紹介します。専門用語がわからなくても、まずはこれだけを意識すればOKです。

▼Webライターが知っておくべきSEO対策4項目

  • 検索キーワードを意識する
  • タイトルにキーワードを入れる
  • 見出しにキーワードを入れる
  • 関連キーワードを意識して書く

まずは、これだけで大丈夫です。この4つをしっかり押さえていれば、Googleで上位に表示されやすくなります。

それぞれ順に解説します。

検索キーワードを強く意識する

SEOで一番大事なのは、「検索キーワードを意識すること」です。記事を書く前に「どの検索キーワードで上位を狙うのか」を明確にしましょう。

通常は、編集者の方から狙いたいキーワードを渡されます。もしキーワードを指定されなかったら、ディレクターの方に「この記事は〇〇というキーワードを狙って書けば良いですか?」と確認しましょう。

そして、「その検索キーワードで調べる人の気持ち」を想像して記事を書きましょう。

  • 読者が知りたいのはなにか。
  • なぜ、それを知りたいのか。
  • どんなところに不安や悩みを抱えているのか。

タイトルにキーワードを入れる

タイトルにキーワードを含めましょう。タイトルにキーワードが含まれていると、検索で上位に表示されやすくなります。

例えば、「SEO対策 やり方」というキーワードで記事を書くなら、「SEO対策やり方を徹底解説!上位表示に必要なコツ10選」という風に、キーワードを含めてタイトルをつけましょう。

見出しにキーワードを含める

次に大事なのが、見出しにキーワードを含めることです。タイトルと同様に、見出しにキーワードを含めると、記事が検索で上位に表示されやすいです。

例えば、「SEO対策 やり方」というキーワードで記事を書くなら、こんな感じです。

  • SEO対策をやるメリット(見出し2)
    • 費用をかけずに見込み客を集客できる(見出し3)
    • 売上が上がる(見出し3)
  • SEO対策の具体的なやり方(見出し2)
    • タイトルをにキーワードを入れる(見出し3)
    • 見出しにキーワードを入れる(見出し3)

あくまで例ですが、「SEO対策」と「やり方」というキーワードを見出しに含めるようしましょう。

⚠️

注意点として、キーワードは無理に入れ込みすぎると逆効果です。あくまでも自然な文章の流れの中で、見出しにキーワードを含めるようにしましょう。

関連キーワードを意識して書く

次に大事なのが、「関連キーワードを意識して書く」です。

関連キーワードがわからない人は、下のツールから適当なキーワードを入れてみてください。

試しに「SEO対策 やり方」の関連キーワードを出してみました。

image

関連キーワードには、読者が知りたい情報が詰まっています。ここに表示されるキーワードは、実際にGoogleで検索される回数が多いキーワードです。

icon

つまり、関連キーワードを元に記事を書けば読者のニーズを満たせます。

例えば、「SEO対策 やり方」と言うキーワードの関連キーワードを調べると、「SEO対策 やり方 初心者」や「SEO対策 やり方 ブログ」というワードが調べられていることが分かります。

ということは、読者は「初心者向けのSEO対策のやり方が知りたいんだな。」とか、「ブログのSEO対策のやり方が知りたいんだ。」ということがわかります。

このように、関連キーワードに含まれる項目を記事の中で紹介することで、Googleで上位に表示されやすくなります。

Webライターが知っておくべきSEO対策の基礎知識まとめ

今回は、全てのWebライターが必ず知っておくべきSEO対策の基礎知識を紹介しました。

繰り返しになりますが、SEOを理解したWebライターは最強です。ほとんどのWebライターが、SEOを理解せず、編集部から指示された通りの記事しか書いていません。

もし、あなたがSEOを理解して、ディレクターや編集長の期待を上回るような記事を書けたら、あなたの評価は上がりますし、報酬も増やしてもらいやすくなります。

▼Webライターが知っておくべきSEO対策の基礎知識まとめ

  • WebライターはSEOを学ぶべき
  • SEOを学べば、たくさんの人に読んでもらえる
  • Webライターが知っておくべきSEO対策4項目
    • 検索キーワードを意識する
    • タイトルにキーワードを入れる
    • 見出しにキーワードを入れる
    • 関連キーワードを意識して書く

ぜひ、今回紹介したSEO対策を実践してみてください。

icon

うだたつや著者】ぐっすり眠れる睡眠アプリのSheepの開発者。月間100万PVを超えるWebメディアでPM。ユーザーに愛されるサービスが好きです。Twitter / note

Webライターにおすすめの関連記事

✍️
Webライター